愛知総合HEARセンターとは

不安・悩み・ストレスなどの心の問題を抱えるすべての人に聴く(HEAR)ことを通して、必要とされる教育・癒しを提供し、心身の健康回復をすることで健全な家庭をつくること、また若者や働く人たちの社会復帰を支援します。

住所

〒461-0004

名古屋市東区葵1丁目12-23 布池文化センター 3号館

TEL : 052-932-9337

Copyright (C) 2015-2017 一般財団法人愛知総合HEARセンター /  All Rights Reserved.

今に活かせ、心理学。

 

 

 

〈心理学講座4回シリーズ〉

 

 

〜現代を生き抜くために〜

 

 
開催にあたって 小瀬木 尚美 一般財団法人 愛知総合HEARセンター 理事長
 時代は大転換期と言われています。少子化が進み、産業界ではスピードをあげ、世界に負けないイノベーションと人材育成の目標を掲げて真剣に取り組んでいます。このような中、見えない世界に取り組んできた心理学は、 広く社会問題に現実的に参与し、提言していく時ではないかと感じてきました。人間は見える世界だけに生きておらず、行動には意志とその人間固有の歴史ある心の世界を伴っています。方法論ではなく、心理学の原点に学び、何を転換するのか、何が大事なのか、何を求めているのか、人間はどのように平和をつかめるのか。心理学の視点から考えてみたいと思います。 それぞれ心理学の専門分野でご活躍されておられる著名な講師陣をお招きしました。様々なお立場の方々との意見交流の機会となりますことを願っております。皆様のご来場を心よりお待ちしております。

 

 
コミュニティ心理学 笹尾 敏明 国際基督教大学(ICU)教養学部大学院 教授
​2018年3月4日(日) 「安全・安心する生活空間」から「つながる社会」を目指して
 子どもからお年寄りまでが安全・安心して生活できる空間とはどのようなことでしょうか。それを作りあげ、維持するにはどうしたらいいでしょうか。家庭や学校・職場や地域が抱える様々な問題を予防・解決するため、私たちは何ができるでしょうか。従来の、個人を対象とした心理学やカウンセリングとは一線を画す「コミュニティ心理学」。ここでは、「安全・安心する生活空間」から脱却して、皆さんと共に生きていく「つながる社会」とはいかなるものか、その構築を模索していきます。「コミュニティ心理学」の成り立ち、基礎概念、現状と課題、事例研究などをおりまぜて学んでいきます。一緒に勉強してみませんか。

 

 

要項のダウンロードはこちら

 

​4回シリーズチラシのダウンロードはこちら➤

​【注意事項】

1部、または、2部のみの参加も可能です。

臨床心理士ポイント申請予定です(臨床心理士)。その際は1部と2部の参加が必要となります。

ワークショップの内容は、随時お知らせさせて頂きます。

​お越しの際は、公共交通機関をご利用ください。

​​キャンセルによる返金はいたしかねますのでご了承ください。​

 

【お問合せ先】

​ ご不明な点はお気軽にお問い合わせください。

 TEL 052-932-9337

皆様のご来場を心よりお待ちしております。